差分 | 一覧 | RSS | FrontPage | 検索 | 更新履歴 | Home

能登空港


目次

概要

能登空港(のとくうこう)は輪島市穴水町能登町の境界に建設された第三種空港である。2003年7月7日に開港した。同年8月8日にはこの空港の施設が道の駅に登録された。またターミナルビルは奥能登行政センターにもなっており、しばしば子供向けのイベントなどもおこなわれている。

施設の利用

交通

飛行機

毎日羽田まで2往復が運行されている。機種は何度か変更されているが現在はA320。

ふるさとタクシー

能登半島各地と能登空港を結ぶ乗り合いタクシー。能登空港から各地へ、また各地から能登空港へと運行されている。通常ワゴン車だが、乗客が多い時はマイクロバスを使用する場合もある。料金も700円~1800円と安価で、実質的に小型のバスのようなものである。運行路線もだいたい決まっているので、通常のバスが通っていない道まで入ってきてはくれない。利用するには原則として事前に予約が必要である。予約先は能登空港のサイト外部リンクで確認のこと。

バス

航空便に合わせて下記のような路線が運行されている。ただし行き先によっては、かなり時間待ちがあるので、北陸鉄道のサイト外部リンクで、時刻表をよく確認しておくこと。(本数は2007年1月現在 - 地震の影響で運休などの可能性あり)

北鉄サイトへのリンク

自動車


category:道の駅
※おことわり
この項目の記述の中には私自身がwikipediaに投稿した文章を一部再利用しています。

. .